Members

が投稿

小野瀬雅生

小野瀬 雅生 

おのせ まさお
Guitar:
1962年11月14日生まれ
横浜出身・O型

クレイジーケンバンド(CKB)のリードギタリスト、「小野瀬雅生ショウ」のリーダー。通称は”のっさん”。緩急自在なギタープレイは“ハマのギター大魔神”の異名をとる。CKBでは自作曲も提供、そのコンサートでは自身が中心となるコーナーも設けられ好評を博している。2001年結成の「小野瀬雅生ショウ」ではよりロックギタリストとしてのパフォーマンスを披露。

横浜DeNAベイスターズの熱烈ファンであり、無類の野球マニア。さらに、高級・B級問わぬ食べ歩き家としても知られる。自身のブログ「世界の果てで天丼を喰らうの逆襲」では、食への旺盛な探究心のもと、地元横浜のみならず全国のコンサート会場周辺で出会った食を紹介している。横浜市商店街総連合会の食イベント(2017年は『ガチチョコ!』)に例年参加。ぐるなび主催の食情報サイト『dressing』にて不定期連載中。
★より詳細なプロフィールは小野瀬雅生オフィシャルサイト『小野瀬雅生で御座います』へ。

高橋利光

高橋 利光 

たかはし としみつ
Keyboards
1965年11月26日生まれ
東京都出身・A型

大学在籍時より数多くのメジャーアーティストのスタジオワーク、セッション、ライヴに参加しアレンジャーとしても大いに活躍している。
パソコン通信の音楽フォーラムで小野瀬と知り合い、2000年発表の小野瀬雅生ショウ1st.アルバム「小野瀬雅生ショウ」にゲストキーボーディストとして参加。さらにバンド小野瀬雅生ショウのメンバーとなる。この活躍がクレイジーケンバンド横山剣の目にとまり、2002年からはCKBにも参加、ライヴのほか小野瀬とともにサウンドディレクションもサポート。またCKBの別働隊「CKB Annex」でも活躍、小野瀬雅生ショウはもちろんのこと、CKBにとっても小野瀬と並びなくてはならない存在となる。 一方で、プログレッシヴロックバンド「KBB」のキーボーディストとしても活躍中。

大澤 逸人 

おおさわ いつと
Bass
1968年1月20日生まれ
東京都出身・O型

左利きで4弦・5弦・フレットレス・アップライトを弾きこなし、ライヴではコーラスも担当するベーシスト。幼少時代をスペインで過ごし、1992年渡米、音楽学校Groveに通う。帰国後は多くの国内外アーティストとのセッションやバンドを経験。1998年「熱風音楽市場魅惑の東京サロン」にベーシストとして加入、シングル・アルバムレコーディングの他、全国規模のライヴ活動を展開。脱退後も数多くのライヴ&スタジオワークをこなしつづけるうち、2000年秋のスタジオワークで小野瀬と出会う。現在、端山龍麿氏とともに「龍麿3」、また岩見和彦氏・和泉宏隆氏・則竹裕之氏とともに「トワイライト・エクスプレス」としても活動中。

今村功司

今村 功司 

いまむら こうじ
Drums
1973年3月25日生まれ
宮崎県出身・B型

大澤と同じく02年のスタジオワークで小野瀬と出会い、その後OMS結成メンバーとなる。メジャーアーティストとの多くのバンド、セッションを経験し、現在は横浜関内のライブハウス「ハート&ソウル」でバンマス兼ドラムを担当している。おなじみCKB河合わかば氏とのバンド「バリケーダーズ」、2017年から大久保理氏、OMS大澤逸人とのトリオバンドを開始している。

須藤祐

須藤 祐 

すどう ゆう
Guitar
1978年 6月21日生まれ
神奈川県出身 B型

12歳の頃よりギターを始め、高校の頃よりギタリスト主体のロック、ブルース等に興味を持ち、様々なバンド活動やセッション等に多数参加。その頃より、パソコン通信(NIFTY-Serve)の音楽フォーラムで小野瀬、高橋と知り合い、2005年から小野瀬雅生ショウのサポートギタリストとして参加した後、正式メンバーとなる。その他、映画やゲーム、イベント用楽曲制作等も。また、近年の小野瀬雅生ショウのアルバムではエンジニアとしても参加。他、the_greedのギタリストとしても活動中。